Blog

私は大学生の時少しの間アメリカへと留学していました。
昔から英語を話せるのに憧れがありとてもワクワクと楽しみな気持ちと共に飛び立ったのですが、現実は全く違い、周りの人が話す英語の速さについていけず毎日ホームシックになっていました。
そんな時私は通っていた語学学校で、日本人の男の子と出会いました。
英語が原因で精神的にやられていた私にとって日本語を話せる人との出会いはその時はもう天国に感じました。
彼はとても愛想よく私に挨拶をしてくれ、私が今このような状況で困っているということを話していると、力になってくれると言ってくれました。
それまでとても心細く毎日を過ごしていた私にとってもう神様との出会いのようにも感じました。
彼と出会ってからはすこし気持ちも晴れていき英語への勉強も楽しく取り組めるようになっていきました。
そんな出会いから6ヶ月経った時、私は帰国の時がやってきました。
彼はまだ数ヶ月留学予定だったので、別れるのがとてもさみしかったです。
日本にかえってきたらまた会おうねと約束をし私は帰国しました。
すっかり日本の生活に戻りいつも通りの毎日を過ごしていたある日その彼から連絡が入りました。
先週日本に帰ってきたのでご飯でも行こうよというお誘いでした。
私たちは週末に会うことに、楽しくアメリカで過ごした思い出話しに花を咲かせました。
それからというものの、私は彼のことをだんだん意識していることに気付きました。
彼も私に対して好意をよせていてくれいたみたいで私たちは彼が日本に帰ってきてから数ヶ月で付き合うことになりました。
あんな広いアメリカの場所で出会い、今こうして恋人同士でいれるなんて運命だね。
なんて話しをたまにしながら今も幸せな毎日を過ごしています。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。